PEST分析がもたらす大きな恩恵を理解し実践する方法

ビジネス

サービスや商品の売上が思った以上に伸びなやんでいるこれから新規事業をはじめようと思っている今までマーケティングを疎かにしていたがマーケティング強化を行いブランド力を向上したい
このような時まずなにに手をつけるべきだろうか

企業は外部環境に影響をうける

業績が伸び悩む原因にはさまざまな要因があるがここでは外部環境が事業に影響を及ぼしていないかまず確認すべきである
新規事業をおこなおうとしている場合には参入しようとする環境が事業を展開するにあたり障壁となるようなものがないか確認すべきである
ブランディングの観点からもこの外部環境がそもそも適していないのであれば人々の心に届くようなブランドの構築は難しいのかもしれないのだ

企業を取り巻く外部環境を知る

まずはじめに行うべきことは企業の取り巻く環境が一体どうなっているか把握することである
企業も環境変化に応じて適切に変化していくことが必要であるそのためには外部環境いわゆるマクロ環境を分析しておかなければならない

この時ただ闇雲におこなうのではなく効率的かつ網羅的に分析するために使用するフレームワークがPEST分析である
どういった観点でマクロ環境を調査するか調査した内容から自社にとってプラスやマイナス要因となる点を確認してどれだけ影響があるか評価していく
これにより自社にとって有利となるものまたは脅威になりえるものの要因があるか分析することができる

1.PEST分析とは

PESTはPolitics政治的環境要因Economics経済的環境要因Society社会的環境要因Technology技術的環境要因の頭文字をとったものであり世の中の流れをつかみ自社に影響のある環境を分析していくことであるではこの4つの観点が具体的にどのようなことを表しているか確認していく

PEST分析だ

1.1.Politics政治的環境要因とは

政治的な影響は企業活動に多大な影響を与える
法律政策地方自治外交などがこれにあたる新たに施行された法律が自社の事業に影響を与える法律であった場合良い意味で影響をあたえる法律ならば良いしかし悪い意味の場合業績の悪化や事業の継続が困難になることも考えられる

このように政治的な要因が自社に対してどう影響するのか理解しておくべきである
最悪のケースも想定してどれだけのインパクトがあるか調査分析して備えておくことが重要ではないだろうか もしものことが起きても柔軟に対応ができるはずだ

1.2.Economy経済的環境要因とは

国の経済成長率や消費の動向失業率や株価や金利為替レートなど経済的な要因のことをいう
経済的環境の変化によって大きく影響をうけるのが輸出入を行う企業などである為替相場が変われば売上に密に影響してくる

昔はそこそこ大きかったお菓子が大人になって気が付いてみると少し小さくなっているこのような経験はないだろうか
原料となるものの値段が変動したり社会的に経済の状況が変わったため同じ値段で提供するには小さくして販売するという企業側がとった策であるといえる
小さくするということは顧客満足という観点からみればおすすめはできないがやむ得ない策なのかもしれない

1.3.Society社会的環境要因とは

社会的環境要因は人口教育文化治安宗教消費者の嗜好など社会の環境をあらわしている
近年日本国内の社会的環境として大きな要因は人口減少ではないだろうか 少子高齢化が進む日本では子供が減少し高齢者が増えている事業が特定の年代にフォーカスしているならば各年代の割合は大きく事業に影響してくるはずだ

また少子化は将来的に国内の人材不足になることが予測できる 企業は国内の人材だけでなく外国人も採用することも考慮しなくてはならないだろう事実コンビニなどのアルバイト店員は外国人をみかけることが多くなっている

このように社会の変化を敏感に察知し状況に合わせて社内体制や仕組みを考えていかなくてはいけない
また事業が社会的環境に影響を受けることがないか確認しておくべきだろう

1.4.Technology技術的環境要因とは

技術的環境要因は新しい技術ITサービス製品技術医療技術など技術がもたらす影響を表している
なかでもITに関する技術は日進月歩で技術革新が行われている例えば10年前にスマートフォンが登場することを予想できただろうかほんの10年前には想像もしなかったことが現実になっているこれによりWebサイトや携帯アプリ業界もガラケーとよばれる携帯に対応していたものをスマートフォン向けへと切り替える必要があった

今後は人工知能の発展が社会に大きな影響を与えると考えられる 人工知能の発展により衰退する業種や人員の削減が行われることだろう

どういった技術変化に影響をうけるのか技術はどのように変化していくのか調査分析を行いどう対処していくのか戦略を練る必要がある

2.PEST分析を行う方法

PEST分析のPESTだけわかっても具体的にどのように分析をおこないどう実践すればよいかわからないのではないだろうか
そこでPEST分析の方法をここでは紹介していく

注意してもらいたいのは弊社の方法であって決してこの方法でやらないといけないわけではない点だけご認識いただきたい

2.1.PEST分析の目的を明確にする

PEST分析をはじめるにしても目的が定まっていなければ分析しても最善の結果を得ることができないだろう まずは分析をはじめる前に何を知りたいのか目的を明確にしておこう

具体的には以下のような例が挙げられる

  • 新規事業のマーケティング・ブランディング戦略を立てるため
  • 自社をとりまく環境がいったいどのような状況になっているか確認するため
  • 事業の売り上げが伸びない要因がマクロ環境に起因していないか確認するため

このようにまずは何のためにPEST分析を行うのか事前に明確にしておかなければ曖昧な分析になってしまうだろう

2.2.PEST分析の対象時期を決める

現在を調査・分析することは比較的簡単かもしれない 現在であれば情報も豊富にあり自社・事業を取り巻くマクロ環境も把握が容易である

しかしPEST分析で行うべきは数年先の未来を予想して分析を行うことである なぜなら自社・事業を取り巻く環境が今現在どうなっているかより今後数年どうなっていくかが重要である 状況によっては体制をどうしていくべきか環境に大きく影響を受けるなら事前に対策を行っておくべきだからである

未来については確定的な予測はできないが予測を行うことで自社・事業の戦略を考えなおす大きな要因になるはずだ

2.3.マクロ環境の情報を収集する

PEST分析のためマクロ環境の情報を収集する
情報収集は難しいことではなく日々目にするニュースや雑誌から情報を集めることができる ニュース雑誌のほかに書籍インターネットセミナー人から聞くことなどで大抵の情報を把握することができる

より専門的な情報を必要としたい場合は別途調査を行うか専門の情報源を見つけ出す必要があるだろう

2.4.PEST分析のマクロ環境変化を予測する

収集した情報がPESTのどれに適合しているか分類したうえでそれぞれの環境がどう変化していくか予測すべきである 当然変わらないこともあるが多少変わることもあるはずである

時間的かつ資源的な余裕があるならば多少の変化の兆しも見逃さず予測すべきである
自社・事業にとって優位になる変化が起こりえるならばそれに備えて万全の準備体制を作るべきでありもし最悪な事態が少しでも予測できるならみて見ぬふりをするのではなく事態が起きた場合の準備はしておくべきである

3.PEST分析の環境変化による影響例

ここではPEST分析のマクロ環境の変化により企業・事業が大きく影響を受けた例を挙げていく ニュースで取り上げられることも多いので日々のニュースなどをPEST分析という視点からみると面白いかもしれない

3.1.マクロ環境要因により乗り遅れた例

3.1.1.スマートフォンの普及後に参入したMicrosoftFireFox

みなさんもご存じのとおりスマートフォン業界のOSはGoogleAppleが大半を占めている
しかしFIreFoxはFireFox OSを搭載したスマホをMicrosoftはWindows Phoneを後発で発表している

FireFox OSは2011年より開発をすすめ日本でもFireFox OSを搭載したスマホが発売されている その後売れ行きは伸びず2016年7月にスマホから撤退している

Windows Phoneについては世界的なシェアでは5%にも達しておらず業界を牽引しているとはいいがたい状態である
それぞれシェアが伸びるかと期待されたがFireFoxは撤退Microsoftは伸び悩んでいるのが現状だ

より先見的な視点でマクロ環境を分析・調査し業界の動向を先読みしていれば次なる一手をもっと早い段階で打つことも出来たのかもしれない
もちろん先読みしても技術的や資金資源の問題もあるので一概にマクロ環境の先読みだけで業界を牽引できるようになるわけではないがより戦略的な一歩を歩みだすことができるのは確かだろう

3.2.マクロ環境要因を利用した例

3.2.1.子供向けプログラム専門塾

文部科学省より2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化が義務下される予定である
これに伴い近年プログラム学習を目的としたプログラム学習塾なるものが増えてきているz 社会的環境要因を先読みし数年後に増えるであろう需要を予測して準備をはじめているといっていいだろう

このプログラム学習塾がどこまでの需要があるのか未知数だが大きなマーケットになることは間違いないはずだ ただでさえITのエンジニアが不足している昨今さらにIT技術は進歩してITエンジニアの需要はさらに拡大する それを危惧している政府はプログラミングを義務教育の一環として組み込もうとしているのだ

4.まとめ

PEST分析は頻繁におこなうことではないが簡単なPEST分析によって得られる恩恵は大きいことはおわかりいただけただろうか

目的をもってマクロ環境の流れを把握して戦略を練れば良い意味で事業の流れを変化させることができるかもしれない 逆にマクロ環境の流れを無視した場合突然予測もしなかった事態に陥り事業にとって良くないことが起こる可能性もあるだろう

マクロ環境の流れを味方につけることができれば事業の拡大もちろんブランド力を付けることも容易くなるはずだ 自分たちには関係ないとおもわず初心に戻って今一度PEST分析を行ってみるのもいいかもしれない

阿部 憲太朗
by阿部 憲太朗

1986年3月5日生まれ。IT系ベンチャーでシステム開発や提案営業後、NextConnect inc.設立。コネも何もない状態から銀行システム開発やWeb開発など案件に携わる。2016年からはWebブランディングに力を注ぎ、Webプロデュースとクリエイティブディレクション、デザイン、システム開発をやっています。

Related Posts / 関連記事

ビジネス

3C分析を活用して事業の成功要因を導きだす方法

みなさんは、ビジネスの戦略を立てるとき、情報収集は的確に出来ていますか? このように質問されても、何をもって的確に情報収集できているかは判断しづらいのではないだろうか。 まず質問が抽象的すぎることが悩ましい点だが、戦略を練るためには正確な情報・事実をもれなく洗いだし判断材料とする必要がある。 そこで使用されるのが、3C分析というフレームワークである。 「Customer(市場・顧客)」、「Competitor(競合)」、「Company(自社)」3つの頭文字より3C分析と呼ばれている。 この3C分析はその名の通り、3つの観点から

ビジネス

PDCAとは何かを理解して仕事のレベルを向上させる方法

PDCAというと新入社員研修で教えられることが多いのではないだろうか。すでに多くのビジネスマンが知っている言葉である。しかし、基本的な考えにもかかわらず、日々の仕事の中で意識しているビジネスマンは少ないのではないだろうか。 自然にPDCAを身に付けて実践しているビジネスマンもいるだろうが、多くの修羅場を自力でくぐり抜けてきた方でなければ、なかなか難しいだろう。的確な判断をできる方は、今まで多くのPDCAを廻してきているため、経験則を体得している。これが自分自身の中で法則化されているからこそ、難しい問題に対しても的確な答えを導きだすことができる。 今一度PDCAを良く理解するべ

Facebook and Twitter

Facebook

Twitter